乳酸菌で内側からキレイに

乳酸菌の効能を知ろう

乳酸菌を摂る目的で一番多いのは便秘の改善ではないでしょうか?
乳酸菌には腸内環境を整え便通を良くする効能があるのはみなさんご存知だと思いますが、腸内環境を整えることは、さまざまな体の不調を改善することになるのです。
そのため、乳酸菌を摂ることで、便秘の改善以外にも多岐にわたる効能が得られます。
乳酸菌の腸内環境を改善する働きによって得られる具体的な効能をご紹介します。

●乳酸菌の働きとは?

人の腸内には100種類以上、100兆個以上の細菌が棲みついているといわれております。
その中でも人に良い影響のある「善玉菌」、悪い影響のある「悪玉菌」、多くなった方に味方をする「日和見菌」に分かれています。
乳酸菌は善玉菌の一種で、腸の中にいて糖質を分解して乳酸を生産し、腸内を弱酸性に保つ働きをしています。
弱酸性に保つことで、アルカリ性を好む悪玉菌の増殖を抑え、悪玉菌による体への悪影響を抑制します。
また、腸内の善玉菌の99.9%を占めるビフィズス菌を増殖させる働きがありますので、善玉菌が優位な腸内環境を作ることができます。

●乳酸菌の2大効能

乳酸菌の効能には大きく分けて2つあり、その効能によって万能ともいえるさまざまな効果が得られます。

(1)腸内環境の改善

人の消化器官の中は酸性に保たれているのが正常な状態で、腸の蠕動運動も活発になります。
腸内環境が乱れているというのは、腸内で悪玉菌が増殖し、それに伴って腸内がアルカリ性に傾き、蠕動運動が鈍くなっていたり、悪玉菌がタンパク質を分解してフェノールやアンモニアといった毒素を発生させることで人体に悪影響を与えたりしている状態です。
そのような乱れた腸内環境を改善するのが乳酸菌などの善玉菌です。
アルカリ性に傾いた腸内を弱酸性に戻し、それによって鈍っていた蠕動運動を活発にしたり、悪玉菌の発生を抑えたりすることで腸内の腐敗を防ぎ、毒素の発生も抑制します。
そのため、以下のような効果が得られます。

  1. 便通を整える
  2. 発がんリスクを低減(特に大腸がんの予防)
  3. 病原菌の増殖を抑制
  4. 美肌効果
  5. 消化・吸収力が高まる
  6. 虫歯・歯周病・口臭の予防
  7. 血圧の降下
  8. 内臓脂肪の蓄積を抑制
悪玉菌が発生させる毒素を体内に吸収することはさまざまな病気の原因となりますので、それらを予防することにも繋がります。

(2)免疫力を高める

免疫力とは、体内に入ってきた異物を攻撃し、排除することで体を病気から守る働きのことで、その働きを担っているのがマクロファージやNK細胞(ナチュラルキラー細胞)などの免疫細胞です。
そして、それらの免疫細胞の60%〜70%が腸に集中していることから、腸は体内における最大の免疫器官といわれています。
その免疫細胞を活性化するのが乳酸菌です。
乳酸菌は体内に棲みついている異物とみなされ、免疫細胞に攻撃されることで訓練することになり、免疫細胞の働く能力が向上します。
そのため、腸内で乳酸菌によって能力が磨かれた免疫細胞が体中を巡ることになり、体全体の免疫力が高まります。
これらの働きによって以下のような効果が得られます。

1、アトピー性皮膚炎の改善
2、インフルエンザの予防
3、花粉症の予防、改善
4、発がんリスクを低減(特に大腸がんの予防)
5、ピロリ菌の抑制
6、感染症の予防

その他、免疫力の低下によって引き起こされる体調不良やさまざまな病気などの改善が期待できます。

●乳酸菌の効能はまだまだ未知数です

このように、乳酸菌には万能と言えるほどの様々な効能があり、長寿の秘訣ともいわれています。
上記以外にも、乳酸菌はコレステロールから作られる胆汁酸を吸着して体外へ排泄する働きがあるので、胆汁酸がどんどん作られるようになり、それに伴ってコレステロールも使われて減少し、値が低下するという効果もあります。
乳酸菌の体への効能はまだまだ未知数ですが、一言でいうと体を正常な状態に戻してくれるのです。