乳酸菌で内側からキレイに

乳酸菌アシドフィルスの働き

乳酸菌のひとつにアシドフィルス菌があります。
このアシドフィルス菌はひと由来の乳酸菌で、人の腸内はもちろん、口腔、生殖器にも棲みついています。
赤ちゃんが最初に飲む初乳にも多く含まれています。
特徴としては、酸素があっても生存できること、熱や酸に強いことなどが挙げられます。
そのため、ヨーグルトなどによく使われる菌で、生きたまま腸まで届く割合が7割以上と高くなっています。
もともと棲みついている乳酸菌のため、腸に留まり定着しやすい菌で、その働きも高くなります。

●アシドフィルス菌の働き

腸まで届いたアシドフィルス菌は人にとって様々な働きをします。
乳酸菌としての働きはもちろん、アシドフィルス菌ならではの働きとして挙げられるのは、カンジダやピロリ菌に対しての殺菌作用があることです。
具体的には次のような働きがあります。

(1)腸内環境を整える

腸内がアルカリ性に傾くと悪玉菌が増殖し、それらがフェノールやアンモニアといった毒素を大量に発生させます。
腸の蠕動運動も鈍くなり、便が停滞することで体内に毒素が吸収され悪循環となります。
アシドフィルス菌が腸内で糖を分解することによって乳酸を生成し、アルカリ性に傾いた腸内を酸性に戻します。
善玉菌が棲みやすい酸性の環境が作られることによって善玉菌が優勢となり、腸内環境を整えることができます。

→便秘解消、美肌効果、大腸がんの予防、病原菌の増殖を抑制などの効果が期待できます。

(2)免疫力を高める

腸内には体内のすべての免疫細胞のうち、60%〜70%が存在しているといわれています。
その免疫細胞を活性化する働きがあり、体全体の免疫力を高めます。

→アトピー性皮膚炎、花粉症、感染症の予防などに効果が期待できます。

(3)胃炎や胃潰瘍の改善

胃炎や胃潰瘍の原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染があります。
ピロリ菌は強アルカリ性のアンモニアを生成することで酸性である胃の中でも生息することができます。
そのピロリ菌を強力に殺菌する働きがあるのがアシドフィルス菌です。
ピロリ菌に感染した細胞にアシドフィルス菌を添加した結果、ピロリ菌感染細胞の炎症反応が抑制されたことが実験から明らかになりました。

(4)口臭や膣炎の改善

腸内で悪玉菌が増殖すると毒素が発生し、体内に吸収されることで口臭や体臭の原因となることがあります。
また口腔内でも、雑菌が繁殖することで口臭の原因となります。
それらの悪玉菌を抑制することで口臭の改善が期待できます。
また、膣内や腸内で繁殖するカビの一種であるカンジダ菌を殺菌する働きがあるとされ、膣炎の改善も期待できます。

(5)乳糖(ラクトース)の分解を促進

乳製品を体内に取り入れた場合乳糖を消化吸収するための酵素が必要ですが、もともと日本人にはその酵素が少ない人が多く、消化吸収が難しい場合が多くあります。
アシドフィルス菌はこの酵素を作り出すことができ、乳製品の消化吸収を促進します。

●アシドフィルス菌の殺菌作用

これらの多くの働きによって、様々な体調の改善が期待できるアシドフィルス菌ですが、最も優れている点は殺菌作用であるといえます。
善玉菌を優勢にして悪玉菌を減らすだけでなく、悪玉菌そのものを殺菌する働きがあることで体調の改善効果も高まります。
そのため、ピロリ菌、カンジダ菌対策には乳酸菌の中でもアシドフィルス菌が有効といえます。